もこもこアワー
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
LOUDPARK2011

えらいと放置してました。
ま、いつものことですが。

まずは文鳥の近況




ここ爺、おかげさまで変わりなく元気です。
スマートフォンアプリのFxCameraで撮ると、とっても昭和臭漂う文鳥。
古臭い効果の写真のせいで "ここ(故人)" 
みたいなキャプションが付きそうな勢いですが
ぷりっぷりに元気です 笑。
これから文鳥にとってはちょっとつらい季節になりますが
がんばって10歳の冬を乗り切って欲しいです。


さて、日記をサボってた間に夏の北欧遠征〜ラウパー遠征など
いろいろ遠出をしていたのですが
とりあえずは先日のラウパー報告など。

結論

「行って良かった!」

これは毎回思うことですけどね。
ラインナップどうこうはもちろん大前提なんでしょうが
とにかく朝から晩までメタル漬け、気が向けばビールを飲んで昼寝
そんなメタラーにとっての天国、他にありますでしょうか?笑
今年は開催そのものが危ぶまれてたぐらいだから、余計に嬉しかったし充実したなぁ〜

ANIMETAL USA:
物販に並んでいたので最初を見逃したのですが、
とにかく良かった!
インペリテリ速えぇ〜!!笑
途中出てきた女子はいったい誰?AKB??と
勉強不足の私はポカーンでしたが、ももクロZだったそうですね。
ANIMETAL USAというかももクロZのことで、
その後のTwitterのTLが違う方向に流れてたのが可笑しかったです。

AUGUST BURNS RED:ビアタイム。
AMARANTHE:ランチタイム。
タイカレーとバジル炒めのダブル盛り〜♪
もちろんビアも。

UNITED:
めちゃタイト!めちゃカッコいい!!
サークルピットの風が扇風機のように涼しい!笑
前回のラウパー出演時も含めて、UNITED観るのはこれで3回目やったけど
一番良かったなぁ!

STRYPER:
アルバム一枚しか聴いてませんが、まぁ楽しめました。
衣装がミツバチみたいで笑ったなぁ。
STRYPERのTシャツ着て観に来てる人が多かったのが意外でした(失礼)。
聖書投げて欲しかったなぁ。

UNISONIC:
ハロウィン演ってくれるかなぁ〜守護神伝の曲やって欲しいなぁ〜と
前夜から散々友人と騒いでたのですが
本当に演ってくれました!
出てきた時は喜助さんと認識できずに目をゴシゴシしてたのですが、
歌いだしたら紛れもない喜助さん・・・・・・
しかも超衰えてない!超美声!!
オーディエンスもかなり盛り上がりましたね〜
あー、ホントこれだけでもラウパー行った価値大いにあり!

KROKUS:ビアタイム?記憶がない!笑

TRIVIUM:
こちらも久しぶり!
ドラマー代わって初めての来日だそうですが
良くなりましたねぇ〜。
ドラムってやっぱり大事(当たり前か)。
IN WAVESがすごく良かった!

THE DARKNESS:
個人的にすっごく楽しみにしてたのですが、
期待を裏切らない・・というか期待の遥か上をいってくれました!笑
ジャスティン最高!
イギリス人って時々ああいう人いるよなぁ。
ちょっと睡魔に負けて、中盤寝てしまいましたが 笑。
いや〜、ええもん観ました。

ARCH ENEMY:
飽きるほど観てるはずなんですが、
今回すごく、というか初めて聴きやすかった。
観てる位置が良かったんやろか。
アンジェラが妙にしおらしいこと言ってて
若干高感度が上がってしまった 笑。
アモ兄さん、毎年ありがとう!
来年またBEGGARSで来て〜!

WHITESNAKE:
物販で、チャリティータオルを買いました。
WHITESNAKE LOVES JAPAN FOREVERMORE と書かれている
可愛いデザインのマフラータオルで、
収益金は全額Tsunami Relief Fundに寄付されるそうです。
ありがとうカヴァーデイル!
前のほうで観ていたのですが、当然のごとく大合唱の嵐で
「ああ、みんなこれ(SERPENS ALBUS)聴いて育ったんだなぁ」
なんて思ってしまった。
と思いきや、WSのTシャツを着た若い女の子もたくさん見かけてこれまた意外。
カヴァーデイル、さすがの貫禄。
ソロタイムがあるのもカヴァーデイルの休憩のためか?笑
個人的には"STILL OF THE NIGHT"は数年前にliveで聴いた
John Sykesヴァージョンの方が良かったな〜。

LIMP BIZKIT:
2曲ほど観て、満足したので帰路につきました。


今回は翌日が日曜日なのでゆっくりできるのが有難かった。
なんなら毎年一日のみ開催でもいいです〜、なんて。

LOUD PARK 10
 今年もギリギリになって行くことを決心したLP。
残念ながらさいたま2日目のみの参戦でしたが、めーっちゃ楽しんできました!

■3 INCHES OF BLOOD
会場に着いたら、この1バンド目の演奏が始まったとこでした。 
このバンドは全然聞いたことなかったけど
午前中からかなりテンション上げてはりました。
うわー!ラウパー来た!って気がするよーーーー!!!

■TRASH TALK
最初のビールタイムどえす。
飲んだりクローク行ったりウロウロしてるうちにほとんど終わってしまった。
けどなかなか暑苦しそうでアリーナは早くも大盛り上がりだった!
ゴミ話破壊Tシャツがちょっとうらやましかったです。

■RECKLESS LOVE
バンド名からしてちょっと赤面しちゃう。
昨年のSTEEL PANTHERを思い出したけど、
このバンドはちゃんと若いのよね?
Vo.はマイケル・モンちゃん
Dr.はモトリー
G.はKISS(残念なポール・スタンレーorちょっとイケてるブルース・キューリック)
な感じでした。
パロディなのか大真面目にやってるのかしばし考え込んでしまった。
フィンランド人っておもろいなぁ。

■HALESTORM
強烈なvo.の声からいきなり始まったステージ!
現れたのは・・・
おっさんなのか女の子なのかしばし考え込んでしまった。
いや、見た目はちゃんと女の子なんだけど
声があまりにもパワフルなので、本当に分からなかったのです。
和田アキ子の若くて可愛らし版、という感じ。
会場も一瞬どよめいてました。
なかなか良い感じで盛り上がってましたが、
個人的には、あの声をずっと聞き続けるのはちょっとしんどいかなーという感じ。

■TURISAS
今年の大本命その1。
いや〜、待ってましたよBattle!Metal!!!!!
Fuck the Guitar Solos!!!!!ダウンロードフェスの中継思い出しました。
バイオリン最高!
アコーディオンの姉ちゃん美脚!
真横でサークルピットが形成されたけど
フォーク風に若干まったりペースなのがちょっと微笑ましかったよ。
チュリサス楽しい〜♪ 最高〜〜〜♪
フィンランド人ておもろいなぁ。

■ALEXISONFIRE
ランチタイムどえーす。
関西から遠征していた友人と遭遇、九州の友人2人と計4人で正座してご飯食べました。
昨年と同じくグリーンカレー!
このメニュー大好きです。

■KUNI
最後の一曲の後半だけなんとか間に合いました。
ホンマにちらっとしか見てないのですが・・・
えーと、vo.に抱っこされてたのだけはちゃんと見ました。

■SPIRITUAL BEGGARS
今年の大本命その2!
待ってました!
ホンマに長年待ってましたーーー!
AEにかかりっきりで、もう二度とやってくれないかもと思ってただけに
今回の新譜発売&ラウパー出演はホンマに嬉しかった!
ラウパー行きを決めた大きな理由がベガーズ!
彼らが来なかったら多分今年のラウパーは欠席してたでしょう。
アリーナの最前近くで見てたけど、
ちょっぴりスカスカなのがちょっぴり寂しかったぜー。
しかし一曲目からLeft Brain Ambassadorで、
わし鼻血出そうになりました!
アモ兄、皆勤おめでとう!そしてありがとう!
今度はぜひ単独来日お願いします!!

■ANGRA
ビールタイム!
前にANGRAがラウパーに来た時はちゃんと見てなかったので、
今回が初めての参拝(違)。
ANGRAもバイオリンが入ってるのですね?!
ぜ、全然知りませんでしたゴメンなさい・・・・・
ビール片手に、とっても気分良く鑑賞いたしました♪

■MOTORHEAD
もう"カッコいい!"の一言に尽きますね!
分かってはいるけど、live終わって全員がステージに並んだ瞬間
「たった3人であんなステージを!」と改めて驚愕しました。
全てに於いて今回の出演バンドの中ではレベルが段違い。
MOTORHEADのためだけに一日券のチケ代払ったとしても惜しくない、
そう思うぐらい良かった。

■AVENGED SEVENFOLD
MOTORHEADと出演順が逆ではないか・・・というのはさておき。
A7XファンにとってもDTファンにとっても
今回はなかなか複雑な思いが交錯する来日やったと思います。
私はとにかく・・・久しぶりに見たマイキーのドラミングが懐かしくて、
ああなんでこれがDTと違うんやろ
みたいな思いがずっと頭の中から離れず
なんでそこにいるのマイキー???と違和感も拭い切れず・・・。
ジョニたんもっと頑張れよ、と何度思ったことか。
でもマイキーにとって今一番心地いい場所がそこであるならば
いいよマイキー、リラックスして音楽を楽しんでおくれよ
と、最後にはそんな風に思いながら眺めていました。
あああ!Bat Countryやらなかったね!

■OZZY OZBOURNE
オジー、初めて観ました!
映像とかでもちゃんと観たことなかったので
今回生オジーを観た衝撃はかなりのものでした。
レミーより年は若いのに、レミーより全然老けてるね。
しかしやっぱり声はしっかり出てるなぁ〜!
さすがです。
一曲目から「バカだもーん」で会場大合唱!
なんだか楽しすぎてずっとニコニコ笑ってた気がする。
特にオジーを一所懸命聞いてた時期があるわけでもなく
積極的に摂取もしてなかった私でしたが
ほとんどが知らぬ間に耳に馴染んでる曲でした。
そういう点でもやっぱりオジーってすごいんだなぁ。
しかし、オジーが「I can't hear you〜!」と言う度に
「お耳が遠いのでは」と素で突っ込みを入れてしまってました。
そしてバケツ一杯の水を何度もオーディエンスにぶっかける・・・前に
ほとんど自分の足元にジョボジョボ落としてたのが笑えました。 
なかなか観る機会がなかったオジー。
今回初めて、ちゃんと観ることができて良かったです。

帰路、新宿からは夜行バス。
これが唯一翌日の仕事に間に合うルートだったのです。
10年ぶりぐらいの夜行バス。。。奮発して3列シートだぜ!
時代が変われば夜行バスも変わる・・・っちうことで、
予想以上に快適なお休みタイムを送れました。
意外と疲れも出なかったし、結構いけるかも夜行バス、
と味をしめてしまった・・・かも。

そんな感じで、LP10も大満足の中終了。
やっぱり行って良かった!!!
本当に行って良かった!!!
と、何度も思いました。
ラインナップがどうとか、チケ代が高いとか
二の足を踏む要因は毎年必ずあるけど
行けば行ったで楽しいことは間違いなく楽しい。
だから来年からは迷わず決める!行く!と決心。
したけどやっぱりうだうだ考えるんやろうな。
結局
LOUD PARK 09、二日間行ってきました。
もう眠くて生きてる心地すらしないので(笑 あと5分後にはきっと寝てます。
とりあえず個人的に一番良かったのはNAPALM DEATHってことで!
明日は、仕事の進捗具合でどうなるかは分からんけどSLAYER @ IMP
ホールの予定で。
 
DREAM THEATER大阪追加公演
昨日(15日)はDREAM THEATERの追加公演。
初めてNHK大阪ホールに行きました。
小ぢんまりしていてなかなかキレイなホールです。
朽ち果て寸前の京都会館とはエライ違いだ。
そして、同じキレイでもグランキューブとは違い
キャパのせいもあるけどアットホームな感じです。
ここでNHKが歌謡ショーとかやってるんでしょうな。

ライヴは定刻を少し過ぎて開始。
ほえー、始まった瞬間から客席の盛り上がりが熱い!
グランキューブの時の8倍ぐらい歓声が分厚いです。
マイク・ポートノイはタイガースのユニフォームを着て登場。
背番号8番の片岡です。似合ってるやん(笑)。
マイキーがちょっと腕を上げただけでも「おぉーーーっ」と盛り上がる観客。
ええ雰囲気です。
ジョン・ペトルーシも前回とは違うちょっとオサレなサソリ柄のシャツ(オサレか?)。
そして何が違うって、ステージ上にスクリーンがちゃんとあるではないですか!
なんで大阪初日は無かったんだろう?
初日で舞台セットが届いていなかったとか?
これ、あるとないとでは随分雰囲気が違うよ・・・。

この日の席はジョン・マイアング側でした。
通りすがり時折ジェイムズ・ラブリエやジョーダン・ルーデスが
マイアングの肩をポンポンと叩いて行くのがなんか微笑ましかったです。
「ぼうず、調子はどうや」と言っている親父みたいで。
前半でペトルーシとマイアングが並んで立ち、
フレットを左手の人差し指で上から押さえてユニゾるシーンがあったのですが、
これがもうもうもう、鳥肌立つぐらいにかっこよかった!!!
(‐д‐)!!あかんあかんあかんあかーーーん!!あかんよ!!
そんなん見たら私、恋に落ちてしまいますがなっ(*´д`*)
・・・その恋心は数分後にペトルーシのぷりっとした太股を見てすぐに冷めましたが。
なんか・・・肥えた?ペトさん・・・。

ぜんぜん内容に触れてませんな・・・。
本日もバンド体力勝負の二部構成。
一部はMAJESTYを含めたDTのどちらかと言えばマニアック選曲。
OCTAVARIUMの曲もちゃんとやってましたが
いや〜ん(。´Д⊂) 知らない曲もあります!
でもカッコいい!!
一部ラストの曲、「The Spirit Carries On」ではちょっと涙腺がヤバかったです。
ラブリエ、美しすぎるよ・・・(声がね)。
二部はDEEP PURPLEの「LIVE IN JAPAN」 を丸まる全部カヴァー。
正直ちょっと苦手なこのアルバム(DEEP PURPLEが苦手なわけではない)
途中で脱落(=寝る)したらどうしようという不安は杞憂に終わりました。
DTテイストの「LIVE IN JAPAN」、本当に本当にクソ長かったけど全然飽きませんでした。
ペトルーシ、リッチーばりに弾きたおす弾きたおす!
何言ってるのか分からなかったけど、ラブリエはMCまで完コピしてたらしいです。
オタクやろ、君ら・・・。
後ろのスクリーンには「LIVE IN JAPAN」と「MACHINE HEAD」のアルバムジャケットのパロディも映ってて
本当にDTってサービス精神が旺盛。
自分達も楽しんでるんだろうけどね。
アンコールでは2ndより「Wait for Sleep」〜「Learning to Live」。
これがまた素晴らしいのなんのって。
またしても涙腺やられそうでした。

カヴァーに関しては賛否両論あるみたいだけど
私としては別に全然知らないアルバムをやられても
それなりに楽しいだろうなーと思います。
知ってるならなおさら楽しいし。
DTも日本におけるメジャーどころのアルバムを・・・と色々考えて
毎回企画してくれてるんだろうしね。前回は「THE NUMBER OF THE BEAST」やったし。
こんな事言ってはアレですが、私はDTがあの素晴らしい演奏を
ライヴで見せてくれるだけでもう十分贅沢だーと思うのです。
そして更にファンを喜ばせようと、DTが自分達のオリジナルでない曲を
アルバムごとコピーしリハーサルして、サプライズな形で私達に提供してくれるなんて
その心意気がなんとも嬉しいじゃーないですかー!
ま、あの人たちが単なる音楽オタクというのもあるけど(笑)。
彼らにはこのままずっと音楽オタク道を突き進んでもらいたいものです。

終演後、また行ってしまいました。天狗。
また食べてしまいました。手羽先。
私の中で「メタル=天狗」の図式が確立しつつあります。
今年のライヴ初め・DREAM THEATER
2006年メタルイヤーの幕開けです!
DREAM THEATER観に行ってきました。
ひとことで言うと「新年早々ええもん観たわ」という感じです。
やっぱり上手い。当たり前やけど上手い。
上手いの度合いが尋常じゃないです。
常識外れの上手さとでもいいましょうか。
あれこれ色んな「そこそこ上手い」バンドを観てきましたが
DTは別格。
完璧な演奏に感動すら覚えてしまう。
彼らは寝るとき意外はずーっと楽器を触っているのではないでしょうか。
あれだけ楽器が弾けたら楽しいだろうなぁ。
自分が好きなバンドのコピーとか、し放題やん。

それはさておき今日はジャパンツアーの初日だったそうで。
移動の疲れを微塵も感じさせないDT。
新作「OCTAVARIUM」中心のステージになるかと思いきや、
旧作からもおいしいところをまんべんなく聴かせてくれました。
しばらくDTを聴いていなかったせいもあって
より新鮮に感じ、感動もひとしお。
ラブリエの声も凄く良く伸びていて気持ちいい。調子良さそうだったなぁ。
DTを観るたびに思うのが「チケ代安すぎ」です。
このクオリティ、このレベルで、外タレの×××や○○○より安いなんて!
ステージセットも凝っていないし
メンバーの衣装もユニクロで買えそうなぐらい地味だし
「セットの輸送代の関係で今回はチケ代が値上がりしました」とか言われるバンドより
そりゃあお金はかかってないでしょうが
楽曲と演奏のクオリティだけであれだけ感動できるバンドが他にあるだろうか?
感動は金では買えないよ!
演奏技術もね!
倍払ってもいいぐらいです(微妙にケチ)。

8日後の大阪追加公演は、内容の全く違うものになるようです。
まさかまたカヴァー大会???
それなら2nd全部完奏とかの方がいいなぁ・・・。

余談ですがやっぱり私はグランキューブがでぇ嫌いです。
やたら椅子とか上等で座りごこちが良いかもしれないけど
妙に会場全体にスカスカ感が漂っていて
ステージと客席の間によそよそしい空気が流れている気がする。
実際、椅子は座らないからボロでもいいのに。
建物の作りもなんだかヘンで、今日も自分の椅子に到着するまで
40分も待たされました。
入り口から椅子までがあんなに遠いなんておかしい・・・。
もうあんなハコで演らないで下さいDT。

さて次はDTのNHKホール。
一体何が出るやら楽しみです!