もこもこアワー
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< Stockholm2010-day3 pt.2 | main | LOUD PARK 10 >>
Stockholm2010-day4

 

いよいよ最終日。
今日は14時のフライトで帰国する予定なので
もう帰るのみ。
他はできることがありません。

昨夜靴を葬ってしまったのですが、
私はサンダルを別に持っていたのでさしあたって問題はありませんでした。
Sさんもとりあえず部屋履き用のスリッパを持っていたので、
さしあたって朝食の間はそれでしのごう、ということに。

ペタペタ、と朝食を摂りに1Fへ降りていきました。

食堂に到着。
どう見ても昨夜フェスに行ってたな、
という風体の、いかついTシャツのいかつい兄ちゃん達を見かけたのですが、
足元を見たら皆裸足でした 笑。

君ら、こんなオシャレホテルでそんなメタルTシャツ着て裸足って。

私らも、いっそ裸足で良かったんちゃうんと思いました。



最後の朝ごはん。

やっぱりニシンの酢漬けはマスト。
旅の間、毎日平均睡眠時間が3〜4時間ほどだったのですが
不思議と疲れを感じませんでした。
まぁ基本ダラダラしてたし、遊ぶばっかりなので疲れるはずもないのですが
さすがにフェスの翌日はグッタリかなぁと思ってたけど
意外と元気。

やっぱりニシンの酢漬けを毎日たっぷり食べてたお陰だと思うのです。
酢は疲労回復に効く!
これはしみじみ実感しました。

時間的に余裕を持って帰路の計画を立てていたのですが、
10時オープンだと信じてた靴屋が、まさかの11時オープン。
私らの出発予定時刻は11時。

とりあえず、もう一度スーパーに寄りたかった私が
先にサンダルを使って猛ダッシュで買い物。

そしてSさんにサンダルをバトンタッチして
11時オープンと共にSさんは猛ダッシュで靴屋へ。

サンダル、まさかの大活躍。

無事にSさんも可愛いサンダルを購入して
何とか帰路に着いたのでした。

中央駅のエレベータの扉。
注意書き、恐い。 笑。



アーランダ空港内のキオスク。

ここでSweden Rock Magagineというメイデンが表紙の
スウェーデン誌を発見。
この期に及んでまだまだテンション上がりまくる。

ヘルシンキ・ヴァンター空港では、
どう見ても昨夜の出演者とすれ違ったのだけど
どう頑張って考えても誰だか分かりませんでした。

途中、メイデンの欧州ツアーを全部見に行ってる知り合いから
「今ポリです。また雨です・・・。」というメールをもらったのですが、
結局ポリはストックホルムよりも酷い天候だったらしく
何とモトリー・クルーは出演キャンセルを余儀なくされたとか。
メイデンも予定時間を過ぎてからのスタートだったけれど、
いつも通りのステージを2時間ちゃんとこなしたそうです。
さすがメイデン。

帰りのFINNAIRは空調の故障のせいで、
搭乗してから離陸の間、機内はまさかの灼熱地獄 笑。
昨日の寒さとこの暑さを足して2で割ったらちょうどええんやけどなぁ・・・。
 
機内食。


機内食に加えて、ワイン2本(無料)飲んじゃいました。
そのお陰でずっと爆睡。
帰りは本当にあっという間に着いてしまいました。




記念に買った、木彫りの馬・ダーラヘストのつがい。


スウェーデン土産といえばこれ。
幸せを呼ぶ馬だそうです。


Sweden Rock Magagine、自分のと友人への土産用に
バラ撒く前に記念撮影。




帰国の日、地元本屋さんで買った日本誌、
旅行中に買った瑞典誌、
出発前に届いた英国誌。


世の中メイデン祭で楽しすぎる。


以上、またしても弾丸のブルースお誕生日会ツアーでしたが
今まで以上に充実した5日間でした。

だけど、どんだけ弾丸であろうとLIVE遠征は本当に楽しい!
むしろ弾丸であればあるだけ充実するかも 笑。

今回は特に、災い転じて福となった事が多く、幸運の連続だったと思います。
また次回も素晴らしい遠征に恵まれますように。



完。

 

スポンサーサイト
COMMENT