もこもこアワー
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< IRON MAIDEN 北米弾丸ツアー2012 day2 pt.3 | main | IRON MAIDEN 北米弾丸ツアー2012 day3 pt.2 >>
IRON MAIDEN 北米弾丸ツアー2012 day3 pt.1

JUGEMテーマ:旅行

 

7/14

二日間お世話になったホリデイ・イン。

高級ホテルではないけど、部屋も充分広くて居心地良しでした。

 

朝食は・・イマイチやったかなw

やっぱりホテルの朝食は北欧のがいいなぁ〜w

 

朝食を終えて、送迎バスでナイアガラ・フォールズへ移動。

sさんが手配してくれたこのバス、最終日もお世話になったんやけど 効率的ですっごく助かった〜♪

 

移動中

 

都会や〜 大都会や〜

しかしバスの中はクーラー全開ガンガンに効いてて寒かったw

いくら外は暑いからって加減てものがあるだろうよ。

あ、節電関係ないもんなぁ〜。

 

2時間ぐらい乗ってたかな?ナイアガラ・フォールズへ到着!

ナイアガラの滝があるところって、

いわゆる大自然のなかに滝だけが厳かにドドドドド・・・ってあるのを想像してたんやけど、

実際はなんちゅうか滝の周囲は観光タウンみたいな感じで ホテルが林立してて

スタバはざっと見ただけでも5〜6軒あるわ、

カジノはあるわ、 寿司屋、焼肉屋、ステーキ屋、免税店、プラネットハリウッド、OKショップ・・・

とお店や娯楽施設がズラーっと並んでて、垢抜けたグアム、みたいな感じ。

もういっこ例えていうなら、

ピラミッドのすぐそばにケンタッキーがあるみたいな(行った事ないけど)。

お、おお・・そうきたか・・ と思いつつも、

滝が目の前に現れた瞬間はやっぱり「おおおおーー!」と感動しましたw

 

この日の宿ハンプトン・イン

 

 

チェックイン後、早速滝を見に出かけました。

 

まず向かったのは「霧の乙女号」。

ボートに乗ってカナダ滝の滝壺近くまで行くツアーです。

Sさんと、 「霧の乙女号って英語でなんていうんやろ?」 という話になり、

「霧・・・ミスト・・ミスト・メイデン?」 「メ、メイデン!!!!!」

とかいってハァハァしてたんですが、

 

Maid Of The Mist でした!惜しい(惜しくない)!

 

乗船料を払い、青いカッパを渡され、もんのすごい行列の最後尾へ。

ネズミーランドのアトラクション待ち並みに待ちましたw

前の船に乗る組がちょうど私たちの直前で区切られ、

私たちはほぼ一番手で次の船に乗ることが出来ました。

船は2フロアに分かれていて、私たちはもちろん上のフロアの柵前。

ベストポジションでした。

 

アメリカ滝、ブライダル・ヴェールの前をゆっくり通過

 

すごい迫力!

 

そして船はゆっくりとカナダ滝・ホースシューへ。

このあたりでは滝の飛沫が凄すぎて、カメラを取り出すことができず、ここまでが限界。

す、すごい・・・もう言葉にならないぐらいすごい。

目の前180度馬蹄形の滝・・・

なんとまぁ・・・・・ と息を呑んだ瞬間に、

船上アナウンス 「Ladies and gentlemen. This is Niagara Falls」

お客さん拍手喝采!

これは、本当に乗って良かった〜!

 

メイデン号wの後はアイスクリーム食べてしばし休憩。

なにしろこの日もめっちゃ暑かったのですわ。

 

ダラダラとpt.2へ続く。

スポンサーサイト
COMMENT