もこもこアワー
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< IRON MAIDEN 北米弾丸ツアー2012 day4 and a bit | main | IRON MAIDEN Stockholm2013 day2 pt.1 >>
IRON MAIDEN Stockholm2013 day1

JUGEMテーマ:旅行

 

毎年恒例の夏の旅。

2013年は、再びスウェーデンはストックホルムに行くことにしました。

別に北欧大好き大好きすぎる!というわけではなく

自分の休みを取れる日程とメイデンのツアー日程をすり合わせると

どうしてもこうなる、というだけの話。

とは言え、やっぱり北欧は大好きなので(好きなんかい)

うまく日程がスウェーデンと重なって良かった〜と喜んだ次第。

 

7/12〜7/16の、相変わらずの弾丸日程でした。

 

いつものフィンエアー、と思いきや機体がマリメッコデザイン♪

 

 

か わ い す ぎ る ! ! !

 

搭乗前から乗客の皆さん、大撮影会が始まってました。

 

では出発!

 

安定のエコノミー席なので、中は普通のフィンエアーと大差なし。

とは言え、こういう紙コップごときでさえマリメッコデザインなんて

嬉しすぎるじゃありませんか。

 

恒例のおかきとドリンクセット。

 

程なくして最初の機内食。

 

デザートがたい焼き!これは斬新やったな。

 

食って寝て起きたらまた機内食。

まさしく食っちゃ寝です。

今回もフィンエアーの機内食はなかなか美味しかったです。

 

オマケにFazerのチョコも出た。嬉しい〜。

 

食っちゃ寝の末の約10時間後、無事にヘルシンキ・ヴァンター空港に到着し

例によって時間がないので急いで乗換え。

乗り遅れることなくストックホルム・アーランダ空港に無事到着。

アーランダ空港の長〜いエスカレーター。

 

空港からは、前回も利用したアーランドエクスプレスに乗って

ストックホルム駅へ向かう。

アーランダエクスプレスはこの時期サマーキャンペーンとやらで

往復チケットを格安で購入できるのだ。

車内ではネットで事前に決済をしたクレジットカードを提示して

ピピっと読み取ってもらうだけなので

チケット不要。とっても便利。

 

今回の宿は、ストックホルム中央駅から歩いてすぐの

ラディソン・ブル・ウォーターフロント・ホテル・ストックホルム。

ストックホルム・ウォーターフロント国際会議場が隣接してて

見るからに高級な感じのホテルです。

一人で泊まるには高すぎるけど、Sさんと二名一室なので

普段よりちょい贅沢かな〜ぐらいのお値段でした。

 

広々とした部屋。

 

窓からは市庁舎が見えます。

 

さて、普段ならメイデンのライヴのチケットは

事前に家まで郵送しておいてもらうかチケットレスかの

いずれかのパターン。

今回はなぜか購入したスウェーデンのチケットサイトから

現地滞在先での受け取りでヨロシク、との連絡が来ており、

ではホテルまで届けておくれヨロシク、と連絡していたものの

ホンマにちゃんと届けてくれてるんかいな、と心配してました。

チェックインの際に「あ、あのー何か郵便物・・・」と言いかけると

「こちらお預かりしてます」と封書を渡してくれるではありませんか。

きちんとしてくれてる・・・! よ、良かった〜!

これで無事に明日のライヴに行けます。

 

さて、まだ日が高いので(と言っても夕刻)散歩に出かけました。

まずはホテル周辺をブラブラ。

 

 

 

 

 

 

 

市庁舎ツアーは前回行ったので、周囲だけを散策。

まだまだ日が高いので旧市街地へ移動。

 

懐かしい〜!

と、てくてく歩いていると

前回食べ損ねたニシンバーガーのお店を発見!

これはこれは!ここで食べずにいつ食べる!

ってことで早速オーダー。

写真を見て、一番美味しそうなニシンのオープンサンドを選びました。

 

少し肌寒かったので、コーヒーと共に。

これはね・・・・・

美味しすぎました。

3年越しの夢がようやく叶った瞬間でした。

 

さてガムラスタンエリアへ。

悪そうなヤツがお出迎えです。

 

SOUND POLLUTIONの店先。

前回はここの前でヤニック・ガーズに遭遇したのであった。

相変わらずのTシャツトーテムポール。

懐かしいねぇと思い出に浸る我々。

数日後、この付近でトホホな事件が起こるとは

この頃は知る由もなかったのである(笑)。

 

悪そうなヤツ その2。

 

美味しそう・・・。

 

ガムラスタンで最も狭い路地も健在。

 

 

ガムラスタンのお土産屋さんは、どこの店先も

ワクワクするようなディスプレイです。

 

 

 

ニルスの不思議な旅 はスウェーデンの本ですよ。

 

こんな感じで初日は終了。

よく歩いたなぁ。

 

day2へ続く。

スポンサーサイト
COMMENT