もこもこアワー
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< IRON MAIDEN Stockholm2013 day2 pt.1 | main | IRON MAIDEN Stockholm2013 day3 pt.1 >>
IRON MAIDEN Stockholm2013 day2 pt.2

JUGEMテーマ:旅行

 

森の十字架にすっかり癒され、そろそろ移動開始。

途中でスーパー等に立ち寄り、

お土産や晩御飯などの買い出しを済ませて

一旦ホテルに戻る。

で、一服してからいざライヴ会場へ。

 

今日の会場Friends Arenaへはストックホルム中央駅から

地下鉄に乗ってソルナという駅で下車、歩いて15分ほどとのこと。

ストックホルムの地下鉄って、

ひたすら深ーく深ーく掘ってあって

地底まで降りてようやく電車に乗れるようなイメージ。

深いせいか、めっちゃ涼しいし。

ソルナ駅に着いて地上に上がってからも

会場までがこれまた遠い遠い。

歩いても歩いてもたどり着かぬ・・・どこが15分やねん。

ただ、周囲はメイデンTシャツの黒い軍団。

その軍団の流れに乗れば迷うことはないのでそれだけは安心。

と、ここで某S田さん達にバッタリ出会うという偶然。

なんと幸運にもFTTBのスペアを頂けることに。

S田さん、Aさんありがとう〜(涙)!

 

Friends Arenaはキャパ60,000人強の巨大サッカースタジアム。

今日はアリーナスタンディングのチケットなので、

ヘタしたら数年前のオスロの時みたいに何にも見えないという可能性もある。

FTTBもらったはいいけど開場はとっくに始まってるし

どうしたもんかな、ととりあえずアリーナ前方を目指す。

と、最前エリアは柵で区切られていることが判明。

FTTBリストバンドを見せるとあっさり柵前に入れた。

最前列はさすがに埋まってるけど

エリア全体はまだスカスカで、

ステージも高いので良く見える。

これはありがたい!

この会場で後方だったら間違いなくバックドロップだけ堪能して

終わり、となるところだった。

 

振り向けばとにかく広い会場。

 

今日のサポートバンドは、地元スウェーデンが誇るSABATON!

鯖 豚 ・ ・ ・ ?

この日までSABATONを知らなかった私です。

せっかく前にいるんだからじっくり見てみよう!

と見始めた。

 

すげー楽しいwww

ナニコレww

一曲も知らないけど、楽しいww

スウェーデン語で何言ってるか

さっぱりわからんけどおもろいww

ボーカルの動きがコミカルで見てて全然飽きないし

ステージを右から左へやたらと走り回って

客席を煽りまくる姿がブルースとオーバーラップする。

こういうバンド大好きw

地元ということもあってか、観客の盛り上がりもスゴイ!

1時間弱のセット、あっという間に終わりました。

↓SABATONのオフィシャルより。すごい観客。

 

セットチェンジを経ていよいよメイデン。

今ツアーもMAIDEN ENGLAND。

このツアーを2回も観れることになるとは思ってなかったので

本当に嬉しい。

前方のかなり端の方でしたが、

ブルースはいつも通りステージの端から端へ走り回って

めっちゃ元気!

カッコいいいいい!!!

 

今年もまたThe Prisonerが聴けるとは、何たる幸せ。

アンコールのAces HighからのThe Evil That Men Doの流れは

もうこれ以上ない!!というぐらいの盛り上がり。

 

 

ブルース、その前髪は一体・・・。

 

エリア内に余裕があるせいか、押されることもなく

落ち着いて観ることができて良かった!

 

IRON MAIDEN

MAIDEN ENGLAND TOUR2013 

13 July at Friends Arena, Solna, Sweden

SE:Doctor Doctor (UFO song)

01: Moonchild

02: Can I Play With Madness

03: The Prisoner

04: 2 Minutes to Midnight

05: Afraid to Shoot Strangers

06: The Trooper

07: The Number of the Beast

08: Phantom of the Opera

09: Run to the Hills

10: Wasted Years

11: Seventh Son of a Seventh Son

12: The Clairvoyant

13: Fear of the Dark

14: Iron Maiden

Encore:

15: Churchill's Speech〜Aces High

16: The Evil That Men Do

17: Running Free

closing SE: Always Look on the Bright Side of Life(Monty Python song)

 

大満足のセットリスト、あっという間に終わってしまいました。

よくよく考えてみると、昨年行ったカナダでのライヴも7/13。

ちょうど一年後にまた同じツアーを見たわけです。

ちなみに、セットリストもまったく同じw

一曲ぐらい変えるとか・・・しませんよね・・・やっぱり。

 

 

あー楽しかった。

ありがとうメイデン!ありがとうフレンズアリーナ!

 

来た道を戻って地下鉄に乗り、扉のそばに立って発車を待ってると

またまたS田さんとバッタリ!

「どうだった?ちゃんと見れた?」って心配してくれた。

やさしいなぁ。

今日バッチリ観れて楽しめたのはS田さん達のお陰に他なりませんよ。

本当にありがとう!お世話になりました。

 

地下鉄に乗ってる間、隣に立ってたうら若き少年が

「日本人ですか?」と話しかけてきた。

どうやら彼は日本好きで、以前に日本滞在の経験があるとのこと。

アニメとかが好きみたいなんだけど、私らの方はそちらが全然分からず

ゴメンよ〜w

しばし北欧の美(?)少年とのコミュニケーションを楽しんで

ホテル到着。

 

本日購入のTシャツとプログラム。

 

昼間に買っておいたパニーニのようなサンドイッチと

オリーブ、ブラックベリーで晩御飯。

お疲れ様。

 

day3へ続く。

スポンサーサイト
COMMENT