もこもこアワー
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< IRON MAIDEN Stockholm2013 day4 | main | IRON MAIDEN 英国ツアー2014 day2 pt.1 >>
IRON MAIDEN 英国ツアー2014 day1

JUGEMテーマ:旅行

 

毎年恒例のIRON MAIDENを観に行く海外弾丸ツアー。

今年2014年の行き先は英国。

ネブワースで行われるSonisphere Festival 2014に

行くことにしました。

 

 

なんとも豪華なラインナップ。

IRON MAIDENだけでなくMETALLICAもDREAM THEATERも観れる!

CARCASSも!THE WINERY DOGSも!

GOJIRAも!GHOSTも!あれも!これも!

観たいのがたくさんあって

こりゃお得すぎませんか???って事で。

それと、私は未だにIRON MAIDENを英国で観たことがなかったので

それも決め手の一つ。

フェス二日間通勤(=キャンピングじゃないってこと)は

かなりしんどいだろうという事が予想されるけど

このラインナップですから!

しんどいより楽しいほうが勝つに決まってる!

というわけで、ほぼ即決。

 

 

今年はネブワースで最初の野外フェスが開催されてから

40周年という記念すべき年らしい。

 

チケットはメイデンの日だけ贅沢してVIP PASSにしました。

チケット決済時のレートが1ポンド約175円なので、

えーと・・・相当贅沢ですな・・・。

ま、せっかく行くのでちょっとは楽したいというのと

VIP専用ラグジュアリートイレというのが気になりまして。

 

思い起こせば2010年。

そう、あれもSonisphere Festivalだった(ストックホルムやけど)。

トイレの蓋を開けた瞬間、すみませんでしたとつぶやいて

帰りたくなったあの日・・・。

フェスの仮設トイレやから仕方ないとはいえ

かなりの罰ゲームレベルだったあの惨状。

それ以降は極力トイレを使わなくて済むように

水分を取らないように努めたっけ。

そんなことを思い出し、この「ラグジュアリートイレ」とやらに

絶大な期待を抱いてVIPチケットを購入したのでした。

 

THE PRODIGYがヘッドライナーの初日はパス。

なのでフェスに行くのは二日間のみ。

メイデンの出る土曜日は、ブルースの所属する飛行機マニアクラブ(?)の

航空ショーが観れるらしい。

さらにMETALLICAは事前にこの日のチケット購入者にリクエストを募って

その結果を元にセットリストを組むという面白い試みをするそうな。

なんともイベントフルな二日間になりそうです。

 

前置きが長くなったけど、

そんなわけで7/4-7/8の相変わらずの弾丸日程で出発。

今回はANA利用の伊丹→羽田→ヒースローというルートです。

 

正午前に搭乗して、まずはお約束のおつまみ。

 

最初の機内食。

さすがANAだけあって美味しいっす。

ワインも飲んでしまいましたよ。

 

デザートはハーゲンダッツ。

完食いたしました。

 

しばらくSさんとしゃべり倒して爆睡して

目が覚めたら二度目の機内食。

ご飯とパンって・・・。

食べきれなかったのでパンは非常食としてキープ。

 

約12時間半のフライトの後、無事にヒースロー空港に到着。

えっ?

ここほんとにヒースロー?ってぐらいに

閑散として静かなターミナル2。

人が少なすぎてヒースローに着いたっていう感覚が全然ない。

荷物もすぐに出てきました。

 

ヒースローエクスプレスに乗っても良かったけど

もう夕方でそんなに急ぐ用事もないしってことで

地下鉄に乗ってキングスクロス駅へ移動。

ところがこの電車移動で珍しく車酔いしてしまった。

まぁ大したことなかったけど。

 

キングスクロス駅に無事到着。

 

ここに来て、やっと英国に来た!って実感が湧いてきました。

 

 

 

 

 

キングスクロス駅に着いてから、

今回の旅の拠点である Jesmond Dene Hotelまで徒歩で移動。

駅からは5分程度の距離で、まぁまぁのロケーションです。

 

ホテル外観。

チェックインして部屋に入ると、とても狭い部屋にダブルベッドが一台。

ベッド二台で予約してたんやけど?とスタッフに問い合わせたら

どうやらホテル側のミスらしく、丁重に謝られた上で

今夜はどうしてもこの部屋しか提供できない、

明日以降は広い部屋に移動して頂けるので

一晩だけここでお願いできないかとのこと。

値段は一緒なのでまぁいっか、どうせ寝るだけだしとOK。

それにしても本当に狭い部屋。

B&Bよりちょっとだけホテルっぽいという感じ。

で、お値段が一泊一人当たり約13,000円也。

ここでもああ、ロンドンに来たなぁと変な実感が湧いたのでした。

 

先ほどの電車酔いをちょっと引きずっていたので

少しベッドで横になって休憩。

程なくして気分もすっかり良くなったので

キングスクロス駅構内にあるお店巡り。

明日から二日間はフェス中心の行動になるので

お土産を買う時間が取れないだろうということで

着いて早々にお土産購入タイムというわけです。

駅構内はなかなか広くて、お店も充実している。

やはりどうしても紅茶に目が行ってしまうな〜。

お菓子と紅茶中心にあれこれ物色してひとまず買い物も完了、

ホテルに戻って明日の準備等をして、珍しく早めに就寝。

 

ああ、どうか明日以降、晴れますように。

2010年のSonisphereの悪夢のような天候を思い出し

密かにビビりながら床に就いたのでした。

スポンサーサイト
COMMENT